学院紹介

令和さくら高等学院可児 明蓬館SNEC岐阜・可児

令和さくら高等学院可児 明蓬館SNEC岐阜・可児

令和さくら高等学院可児校は、特別な支援が必要な自閉症スペクトラム(アスペルガー、高機能自閉症、広汎性発達障害)、学習障害(書字障害、計算障害)、ADHD(注意欠如多動性障害)などの発達課題のある生徒やひきこもり・不登校での高等学校卒業資格が困難な転入編入の生徒の受入れも対応できる通信制高校サポート校です。令和さくら高等学院可児では、専門の支援員と教員が、生徒の特性をしっかりと捉えて共通理解をし、生徒・保護者・学院が一体となって、支援をいたします。また、福祉・医療との連携に重点を置いており、教育面以外の面からでも生徒の居心地のよい学院を目指し成長を見守っていきます。

SNECとは

SNECとは

SNECとは通信制高校 明蓬館高等学校(福岡県田川郡川崎町)の「スペシャルニーズ・エデュケーションセンター」という特別支援教育コースの略称です。発達障害の支援スキルを持った職員(支援員)と心理士(相談員)が常駐して、教員とチームを組み、発達に課題を持つ高校生が特別支援付きの普通科高校教育を受けることができる教育+療育センターです。

SNECの特色

学習のペースを選べます

学習のペースを選べます

生徒の特性に応じて、学習しやすい環境調整が行われます。
一斉授業の代わりに、パソコンやタブレットでネット授業を視聴し、レポートに取り組みます。成績評価は、テストに加えて、時間をかけてじっくり取り組める 学習成果物(ポートフォリオ)評価など、さまざまな観点から行われます。通学するペースは、自分で自由に決めることができます。
時間割は、生徒が担任の先生や支援員と相談して計画を立てていきます。また、SNECには集団に参加することが苦手な生徒のために、一人で気持ちを落ち着けたり、学習したりできる個室スペースも設けていますので、誰もが安心して登校できます。

一人ひとりの特性を見極めた特別支援教育

一人ひとりの特性を見極めた特別支援教育

高等学校としては異例ですが、各種心理検査の実施体制を持っています。特性に対する科学的な理解のもと、将来の進路に向けた「合理的配慮と支援の実績」を積み重ねています。アセスメント(心理検査、観察、面談など)を通して、障害特性・認知特性・学習特性などを見極めた上で、個別の環境調整をします。一人ひとりのニーズに合った個別教育支援計画(IEP)を作成し、学習面を中心に、身辺自立・交遊関係構築・対人関係スキル・就労観の取得支援をします。支援員、相談員・サポーターが常駐しており、校長・担当教員も協同してチームでサポートします。

ご挨拶

副学院長 山内康彦

発達障害を持つ子どもたち一人一人の可能性を信じ、その良さを伸ばし、社会の中で一人一人に合った自立した生活を送ってほしい。その想いから、令和さくら高等学院を開設いたしました。
当学院で最も大切にしたいことは、生徒の特性や個性を十分に理解し、その特性に応じた支援を行うということです。そのために、明蓬館高等学校と提携し、生徒の特性に応じた合理的配慮などの学習環境を準備しております。
すべての子どもたちが、共に学び共に育つ社会の実現が当学院の使命であり願いでもあります。 副学院長 山内康彦

運営会社

商号 株式会社 サーバント > 詳しくはこちら
設立 2013年7月3日
本社 〒509-0201 岐阜県可児市川合2793-24 サーバントビル
TEL 0574-60-3260 / FAX 0574-63-6512
提携先医療連携機関 院名:さくらこどもリハビリクリニック
診療科:発達小児外来・小児科リハビリテーション外来
院長:西村正明
住所:可児市川合2749-56サーバント虹ビル1F
電話:0574-66-1217

トップ