2024年05月10日

FCボンボネーラ天皇杯予選壮行会

FCボンボネーラ天皇杯予選壮行会 5月10日(金)13:00~大学習室において、翌日にFC岐阜との天皇杯岐阜県予選決勝を控えたFCボンボネーラ所属の我らがコーチ陣の壮行会を行いました。

FCボンボネーラ天皇杯予選壮行会 人前で話したり大きな声を出すことが苦手な学院の子どもたちですが、司会進行や激励の言葉など、すべてを子どもたちで役割分担し、緊張でがちがちになりながらも、会を進めていきました。

FCボンボネーラ天皇杯予選壮行会

FCボンボネーラ天皇杯予選壮行会 会では、これまで昼活の時間に、有志で集まりこつこつと制作を進めてきた応援横断幕を披露しました。

FCボンボネーラ天皇杯予選壮行会

FCボンボネーラ天皇杯予選壮行会 次に、日頃お世話になっているサッカー部のメンバーから、各コーチに向けて「いつもサッカーなど教えてくださりありがとうございます。コーチはどのプレーにおいても自分たちの模範であり憧れの存在です。明日の試合も、かっこよく決めてください。」など思い思いのメッセージを贈りました。
 

FCボンボネーラ天皇杯予選壮行会 そのメッセージに応える形で、各コーチは「明日の試合では、たとえ足が折れても最後まであきらめずに走り抜く、そんな強い気持ちを持って、相手に立ち向かっていきたいと思います。応援よろしくお願いします。」と決勝戦に向けた意気込みを熱く、力強く語ってくれました。

FCボンボネーラ天皇杯予選壮行会 その後、学院の教職員と生徒が練習したそれぞれのコーチに向けたチャントとFCボンボネーラのチャントを大合唱して士気を高めました。
加藤監督からも「『明日の試合に命を懸ける』くらいの意気込みで最後まで戦い抜きますので応援よろしくお願いします。」という決意を聞かせてもらうことができました。

FCボンボネーラ天皇杯予選壮行会 最後にサッカー部の原本君が「僕たちも精一杯応援しますので、いつも通りの、いや、いつも以上に力を発揮して、勝利をもぎ取ってください。」と胸に刺さるエールを贈り、会を終えました。
勝ち、負け、と言った結果ではなく、大きな困難に立ち向かい、最後の瞬間まであきらめない、そんな姿のかっこよさを、明日の試合を通して見せてください。
~ボーンボネーラ♬ボーンボネーラ♬~


2024年05月02日

今年度初池掃除

今年度初池掃除 明日からいよいよ大型連休も後半に突入という5月2日(木)の昼活の時間、錦鯉たちにもきれいな池で連休後半を過ごしてもらいたいと、先日雨で流れた池掃除を行いました。

今年度初池掃除 池掃除では、まず水面に浮いているごみや枯葉を網ですくいます。次に、水を抜いて水深を浅くした池に入って、錦鯉たちを生け捕りにし、小型水槽に避難させた後、池の壁面や底をデッキブラシでゴシゴシ20回ほど磨いて藻を取り除きます。池の底や壁面がきれいになったら、地下からくみ上げた新鮮な水の投入です。

今年度初池掃除 今日の美化委員会では、初めて池掃除にチャレンジする1年生が”イケイケドンドン”という感じで意欲的に池磨きに取り組んでくれました。おかげで、予定していた時間に、新鮮な地下水を池に張ることができました。

今年度初池掃除 透き通った池に放たれた鯉たちは気持ちよさそうに泳ぎ回っていました。
鯉に代わってお礼を言います。「環境美化委員会の皆さん!!本当にありがとうございました。」


2024年04月30日

予定外の降雨

予定外の降雨 4月30日(火)、今日はゴールデンウィークのはざまの登校日。モチベーション的には重苦しい雰囲気になりそうな1日です。あまっさえ、午後は好天になるはずだった天気は回復せず、楽しみしていた昼活の時間の池掃除とサッカー部の活動は中止になってしまいました。

予定外の降雨 12:30になり、天気に左右されない卓球部やイラスト部は、定位置でいつも通りの昼活動が始まりました。
それと同時刻、小学習室の傍らから、日頃聴きなれない、木と木がぶつかるような乾いた音が響いてきました。

予定外の降雨 音のする方に目を転ずると、そこでは、数人のギャラリーを引き連れた、H竜王と学院長が将棋盤をはさんで火花を散らしています。雰囲気だけは、まるで王座戦の若き藤井王座とレジェンド羽生九段の対戦の観るようです。

予定外の降雨

予定外の降雨 大学習室では、先日来の横断幕プロジェクトが、いつものメンバーによって、今日も今日とて進められていましたが…

予定外の降雨

予定外の降雨 一つだけ違っていたのは、活動が中止になったサッカー部の生徒の多くが、横断幕プロジェクトを手伝っていて、いつも以上の熱量でプロジェクトが展開された点です。
雨が降れば降ったで、それぞれが自分の居場所を見つけ、有意義な時間を過ごすことができる、令和さくら高等学院でありました。


2024年04月26日

横断幕プロジェクト続報

横断幕プロジェクト続報 4月26日(金)昼活、アナログゲーム部と並行して大学習室では、有志による横断幕プロジェクトが粛々と続けられていました。

横断幕プロジェクト続報 今日の活動では、型紙に描いたフォントをカーボン紙を使って布に写し取る作業を行いました。一文字一文字「コーチを応援したい」という心を込めて丁寧に作業を進めました。完成した横断幕は5月10日の壮行会で披露する予定です。

横断幕プロジェクト続報 5月11日の試合当日、スタジアムに翻るこれらの横断幕が、コーチ達を勇気づける情景を思い描きながら、これからも作業を続けます。


2024年04月26日

アナログゲーム部活動開始

アナログゲーム部活動開始 4月26日(金)の昼活、かねてから準備を進めてきた「アナログゲーム部」が本格始動しました。この部活は、現在隆盛を極めているスマホゲームに反旗を翻し、カードゲームの復権を目指していきたいというT部長の反骨精神により発足した部活です。

アナログゲーム部活動開始 今回。T部長が用意してくれたのは、アメリカで大人気の理不尽なゲーム「テストプレイなんてしないよ」の日本語版です。このゲームは、自分以外のプレイヤーを脱落させるパーティーカードゲームで、他のプレイヤーをゲームから脱落させる理不尽な効果満載で、笑わずにはいられないゲームです。

アナログゲーム部活動開始 始めのうちは、なかなかゲームの仕組みが難しく、戸惑う場面もありましたが、先生のフォローで他のプレイヤーを脱落させる罠のかけ方が分かってくると、教室には、知らず知らずのうちに笑い声が響き始めてきました。
スマホの画面ににらめっこのデジタルゲームより、人と人との交流の中から生まれる温かみのある笑いが体感できるアナログゲームの魅力がわかった昼活でした。
次はどんな楽ゲームを紹介してもらえるか楽しみです。





カレンダー

最新の記事

カテゴリ

月別の日記一覧

  • RSS
  • RSSとは



タグ一覧

投稿者一覧


このページのトップへ

Copyright (C) Reiwa Sakura Koutou Gakuin 2019. All Rights Reserved.